平屋住宅購入の前に知っておきたいこと

平屋住宅で後悔しないためのポイント

平屋住宅で後悔しないためのポイント 2階建てや3階建てなどの住宅は、若い頃には使い勝手も良いけれども歳を取ると足腰も弱くなってしまい3階はもちろん2階の部屋に行くのもままならくなるケースがあります。
そのため、ある程度歳を取ったときのことを想定して平屋を選ぶ人も多くなっているようですが、土地の面積があまり広くなくても平屋は建てることができる、このようなことからも人気を集めています。
マンションの間取りと同じものが自己所有の土地に建築される、このようにイメージすると多少狭い土地でも平屋住宅を建てることができるなど分かるのではないでしょうか。
ただ、完成した後に家事動線や生活動線が悪くて後悔してしまう人も多いので、間取りを決めるときには後悔しないためにもしっかり家事動線や生活動線を意識しながら間取りを決めることをおすすめします。
特に、主婦や主夫などの家事動線は毎日の家事をより効率的に行うことができるために欠かせないものですから、動きをシミュレーションすることが大切です。

平屋住宅に適している人はおもに3種類です

平屋住宅に適している人はおもに3種類です 平屋の家が適している人は、まず広い土地を持っている人です。
土地には建ぺい率が定められていますから、限られた面積しか住宅にできません。
ですから平屋で十分な広さの住宅がほしいと思ったら、広い土地がなければならないのです。
また足が悪い人や車椅子の人も適しています。
自分の足で階段を上るのが難しい場合には、エレベーターのない2階建てや3階建てに住むのは難しいです。
その点で平屋ならば移動が楽ですし、バリアフリーならばなおさらでしょう。
さらに木造住宅が好きな人も、平屋に適している人です。
住宅の耐震性能は一般的に木造、鉄骨、鉄筋コンクリートの順番で増していきます。
一番弱いのが木造軸組といえるのですが、建物が高くなるほど揺れの影響を受けやすくなります。
柱や梁が見えている伝統的な日本建築が好きな人や、木目を眺めると心が落ち着く人は、高さのない木造が気に入るでしょう。
コの字やロの字型にすると、中庭を楽しむことも可能です。